安心・安全の取り組み
   HOME >安心・安全の取り組み

食品安全方針

食品安全方針

品質・管理

当社は食品安全方針の最も主要な位置付けとして、三つの管理方式で製造工程と製造環境の管理を行っています。

1.HACCP(総合衛生管理製造過程)による製造及び製造環境管理により健康被害を防御

■製造管理
工程毎の危害分析と防除及び金属探知・異物除去等の工程管理により安全を確保

■衛生管理
従事者の健康管理及び製造機器の殺菌や製造環境の汚染防止により安全を確保

■安全管理
原料の微生物検査や残留農薬検査、資材・使用機器の安全証明により安全を確保
総合衛生管理製造過程

2.品質管理による製造及び製造環境管理

■品質管理
400項目超の品管検査(日次・週次・ 月次)を実施しています。

■製造工程
原料入荷判定から完成製品の出荷判定に至るまでのQC工程表に基づく製造管理

■工場設備
最新鋭ライン室(室内の陰圧回避システム・室外吸気の清掃システム・ジェット気流の原料移送等)及び微生物検査室・洗浄殺菌室・着衣用ランドリー室を設置


品質管理
■工場及び関連業者の環境改善のため、環境目標に基ずく方針により環境側面の改善と生産合理化を実施

■計画・実行・評価・改善(PDCA)による生産現場と造環境の改善活動を実施

■環境保守として環境衛生保守点検及び防災防犯保守点検を毎日実施
ISO環境マネージメン

環境・社会

1.環境管理に注力

「品質」「安全」に加えて「環境」というキーワードを掲げ、自然からの 恵みである「お茶」といつまでも関わっていけるように、環境経営を実践し、環境保全活動を積極的に取組んでまいります。  

■環境目標の設定 ⇒ 企業活動における環境への影響を把握し、環境保全への目標を定め実現をはかっていす。  

■環境保全活動 ⇒ 省エネルギー活動・省資源活動・グリーン購入活動を推進しています。  

■環境汚染の予防 ⇒ 環境に配慮した商品の取扱いに心掛け、地域の環境と地球全体への環境保全に努めていきます。


2.コンプライアンス(CSR)の遵守

■企業は、経営活動を通じて社会に貢献すると言う大きな使命と責任を担い、社長以下全社員は法令を遵守し適法で透明な業務運営にあたります。

■社内にコンプライアンス委員会を設置し全員参画の下遵法意識を高め、社内行動規範に基づき永続的な実践に取り組んでいます。(8つの行動規範宣言)"

■取り組み姿勢の明確化と法令順守 ⇒ 社内外に対し食品の違法行為を絶無にし、違法行為の根絶に取り組みます。

■法令遵守の規定化及び社内行動基準の向上 ⇒ 行動基準を社内に周知徹底し、対外的なアピールも行っていきます。

■法令遵守のもとに信頼を得る仕組みつくり ⇒ 全社員が法令順守の重要性を認識し、遵守に努め企業犯罪、法令違反や不祥事を起させない明るく健全な職場つくりに努めています。

資格取得

食品安全方針

環境・社会

ページのトップへ戻る